toggle
2016-04-05

雨水貯留浸透施設(W)

はじめに

こちらのWorksblogでは主に施工状況のレポートを投稿していきたいと思います

現在、MIYABIで施工している現場はこちらには投稿しません

http://oniwa119.com、アメブロ、フェイスブックページをご覧ください

 

 

それではZELKOVAオープンまではZELKOVAの進捗状況を紹介したいと思います

雨水貯留浸透施設が完成しましたので、その様子をご覧ください

1、設計通りの位置を測り、設計通りの長さ6m、幅2m、深さ2mを掘り進めます

表面の砂利と下の黒土を丁寧に分け再利用する

img_0947.jpg

 

 

 

 

2、2mギリギリで水が湧き出したので一番下のコンクリート枠だけ入れておきました

これでこの先の作業が楽です

img_0953.jpg

 

 

 

 

3、掘削が完了し、市役所に提出する写真を撮影しています。

img_0954.jpg

 

 

 

 

4、有孔管を挿し、コンクリート枠を積み上げ、グレーチングで蓋をする

この蓋から雨水が流れ落ち、有孔管から染み出て地中に浸透する

img_0972.jpg

 

 

 

 

5、周りを透水シートで囲みながら単粒度砕石を埋め戻す

単粒度砕石(大きさが均一の砕石)の隙間が浸透しきれない時の貯留槽となる

写真は無いがこの上に透水シートを敷き上からの土の流れ込みを防ぐ

シートの上に植栽用の黒土(先程の掘削時の残土の再利用)を40cm客土し植栽に備える

img_0987.jpg

 

 

 

 

 

開発許可を要するため、この様な施設も必要になり時間もお金もかかる

オープンの予定がはっきり出来ない要因でもある

4月5日現在、建築前の最後の手続き「建築確認申請」を提出し、「確認済証」の交付待ち状態

今後も状況を投稿しますのでご覧ください

 

 

関連記事